目のくまの種類

顔の部分で一番強く印象を与えるのが、目です。
そのため、目元は、人に与える印象を大きく左右します。

目の下のくまは、疲れて印象や老けた印象を与えてしまいがちです。
ぜひしっかりと対処したいものです。

目のくまには大きく分けて3つの種類があります。
原因がそれぞれ異なりますので、対処法も違います。
自分の目のくまのタイプを見極めてしっかり対処しましょう。

ではまず、目のくまにはどのような種類があるか見ていきましょう。

1.青くま
このくまが一番多いのではないでしょうか。
最大の理由は、血行不良です。
血行不良によって酸素不足になった血管が目の下の薄い皮膚を通して目の下のくまとして見えてしまいます。
その血行不良をもたらすのは、睡眠不足や長時間のパソコン作業、それにストレスも原因となります。

2.茶くま
茶クマは色素の沈着によるものです。
紫外線によるダメージやこすりすぎなどで色素が沈着し、茶くまとなります。

3.黒くま
目の下の薄い皮膚がたるんだりして、影のようになり、
黒く見えるのが黒くまです。
加齢や疲れ、睡眠不足が原因で起こります。

参考サイト:
目の下のクマ解消法~目のくまを消す!:目のくまを解消・改善する方法が紹介されています。

青くま解消方法

目のくまの種類別に解消方法をみていきましょう。

目のくまの中でも最も多いのが青クマではないでしょうか。
現代女性は、仕事やプライベートでパソコンを使うことが多く、またスマートフォンを使うときの悪い姿勢は
血行不良を引き起こしやすくなります。
ストレスや睡眠不足といったことも青クマの原因となることは既に述べたとおりですが、
それもますます増えてきているようです。

青クマの原因である血行不良の改善には、温めることやマッサージで血行を促進することが挙げられます。

ホットタオルでの温めは、短時間でのケアとしていいでしょう。
濡らしたタオルをラップでつつみ電子レンジで温め、目の上に乗せます。
1分ほどそのままで、血行を促進します。
そのあと冷たいタオルをのせましょう。
大切なのは、乾燥を招かないために温タオルのあとは冷たいタオルを使いましょう。

目の周りのマッサージ
目の周りを指で押さえて優しくマッサージします。
目の周りは大変デリケートですので、くれぐれも力を入れすぎないようにしましょう。

カシスは血行促進に効果があるという研究結果が出ています。

日常的なケアとしては、アイケアに効果のある化粧品を選びましょう。

そのほか、血行促進作用のあるビタミンEを多く含む食べ物をとったり、
睡眠時間を充分確保したり、ストレス改善をうまく行うことも大切です。

茶クマ解消方法

茶クマは色素の沈着によるものですので、
その対策が主となります。

しかし、まず日常的に、洗顔やスキンケアで過剰な刺激を与えないことも重要です。

茶クマの対策としては、
沈着したメラニン色素を薄くしてくれる化粧品を選ぶことが大切です。

ハイドロキノンやビタミン C誘導体が配合されているシミに効果のある化粧品を選びましょう。
人気があるのは、アンプルールやビーグレン、ポーラ、アスタリフトといった美白に特化したコスメです。

炭酸パックのように、体の中からメラニン色素の排出を助けてくれるパックや
美白パックも効果があるでしょう。

黒くま解消方法

黒くまの原因は、目元のたるみやしわです。

そのため、肌のハリに効果のある化粧品を使用することで対策をおこなうことができます。

ハリに効果のあるコラーゲンやセラミドが配合されたエイジングケアコスメを使ってみましょう。
また、保湿も大変大切です。

目元のたるみやしわは、大変顔の印象を変えてしまいます。
しっかり対策をすることでハリのある目元を取り戻しましょう。

目のクマ対策をエステで

目の下のクマに悩まれる方は最近増えているようです。
目の下に効果のある化粧品や美容パック、美顔器などが発売されています。

エステサロンでも、目元対策に特化したコースが設けられているようです。

熟練したエステシャンによるハンドトリートメントや目元に効果のある浸透美容液などで目の周りのケアが行われますが、
エステサロンによっては、専用の機器で目元ケアを行うところもあるようです。

また、目と頭皮を同時にもみほぐすことで、効果のあるケアを行うエステサロンもあります。
化粧品会社が行っているフェイシャルエステでも、目元に効果のあるエステが行われていますし、
体験コースを設けているエステサロンも多くあります。

自分では、目のクマがなかなか改善できないときは、プロの元に行ってみるのも1つの方法です。

目の下のクマの取り方に関するサイトで目元対策コースのエステサロンも紹介されています。